表情恐怖症になった原因と苦しみ
表情恐怖症になった原因や過去に思い当たること

強い自意識が内側に向いてしまう


私は小さい頃から外ではおとなしく、緊張しがちな子どもでした。

青春期からは自分の赤面や視線が気になって仕方が無く、表情恐怖症も次第に生じてきました。

常に人の目を気にし、自分の表情に意識が過大に向くようになって、表情も硬くなり、こわばりがちになりました。

自分の表情、視線が相手にどういう風に思われるかをいつも意識してしまう為、気を自分にも人にも許せなくなりました。

いつも心に引っかかるものが有る感じで、皆が屈託なく笑う場面でも、自然に思いきり笑えません。

内心で面白いと思っても、表情には伝わらないというか、すぐ強張ってしまいます。

その感じが嫌でした。

ずっと気持ちが張り詰めているから、心を許せる隙なんて有りませんでした。

相手も私に対して緊張感を生じて、構えてしまうような状態でしたので、居心地が悪かったです。

表情恐怖症の伝染のつらさ

表情恐怖のつらさは、相手に伝染させてしまう、相手に伝染させてしまうかもしれないという苦しさです。

加えて人と喋ったあとの疲労感と罪悪感です。

私は生きる資格が無いと思っていました。

私の強張った表情が、笑顔の人までもこわばらせてしまう恐怖心と申し訳無さがありました。


どうしても人へ劣等感を感じる・・・

表情恐怖症は言ってみれば対人恐怖症の一種で、人に対しての緊張と不安から生じています。

それが私の場合は表情のこわばりや緊張に意識が向いてしまったことで起きています。

そもそも私の対人緊張は劣等感からきているものだと思います。

小さな頃から友達はいたけれど、グループに入る事が苦手でした。

集まりを苦痛に感じて避けてしまう状態でした。

悪夢の表情恐怖症、赤面症、視線恐怖症

赤面症と顔のひきつりや視線恐怖で中学生以降は苦しんできました。

その他にも、気分が沈んだり悲しくなったりして、ずっと憂鬱でした。

何一つ表情恐怖、赤面症、視線恐怖でいい思いをしたことはありません。

こんな症状があることを呪い殺したかったです。

私がこれらの神経症状で苦しんでいる間、恐怖症になっていない普通の人々は楽しんでいます。

この比較も私は苦しみました、惨めになりました、本当に死にたかった。 


全記事アーカイブ【表情恐怖症・笑顔恐怖症! 表情恐怖症から解放された私の記録】