催眠療法の効果、ヒプノセラピーの効果って? (表情恐怖、笑顔恐怖、鏡恐怖症が治った体験談)

催眠療法、ヒプノセラピーの体験記や表情恐怖症、笑顔恐怖症、鏡恐怖症、視線恐怖症、赤面症、対人恐怖症といった社会不安障害(神経症)の体験談。
表情恐怖症、笑顔恐怖症、会食恐怖症を苦節7年ようやく治すことができました。
無意識から心の根底から原因を治していくことができる方法に出会えました。
それ以外で表情恐怖症・笑顔恐怖症や会食恐怖症から抜け出せる道は殆ど無いと思います。
同じ症状の方は幸せに生きるために一刻も早く解決を図って下さい。 自分の無意識に苦しめられなくなります。

カテゴリ: 催眠療法とヒプノセラピーの効果と体験記

time-1739629_960_720

催眠はやらせ? 嘘? 


催眠療法って効果があるの?

よくこんな質問が寄せられます。

そして、催眠ってヤラセなの? とも。

催眠療法の前に、催眠自体は嘘ではなく、実際にあります。

ある条件になると、被験者は催眠療法士の言葉によって、コントロールされます。

どこまでコントロールされるかと言うと、催眠状態の深さによって変わってきますが、手を動かす暗示が一番簡単です。

また心の中を洗い出して気持ちを楽にしてあげることもできますし、忘れていた記憶を引き出すことも実際にできます。

なので催眠は本物です。


テレビの催眠ショーはやらせと思って間違いありません

ですが、催眠術ショーをテレビでよく見ますが、あれはほとんどがショーであり、嘘です。

本当にやらせです。

もし身近にテレビディレクターやプロデューサーやADがいたら、沢山の人に聞いてみて下さい。

出演者みんな演技をしているか、空気を読んでいるか、あえてかかったふりをしているそうです。

ショー的なやらせでなりたっています。

まあ、催眠術師の暗示に反応しない白けた空気を流せるテレビ局はないですが。


催眠療法の可能性と限界

催眠療法には可能性があります。

ですが、催眠療法には限界があります。

催眠状態に入る人、入れない人にまず別れますし、催眠状態に入れても、深さがストップして、メンタルブロックが働き、効果が出なくなる人もいます。

たしかに記憶を引き出したり、辛い記憶を癒やしてあげることは理論上可能ですし、その実例もたくさんあります。

ですが、あなたがそうなる保証は全くありません。

(こちらを参照して下さい)




催眠は嘘ではないですが(前世療法までいくと、私は嘘だと思います)、やらせも存在しますし、催眠療法(ヒプノセラピー)の限界もあります。

催眠療法は代替療法として、とても大事だと思いますので、もっともっと催眠療法士の腕が進化してくれるといいですね。



催眠療法、ヒプノセラピーについての体験談はこちらの方たちも書いています。参考になりますのでごらんください。

催眠療法の治療効果について

神経症を克服するための苦闘記録(催眠療法などの体験記)


催眠療法批判と催眠療法の可能性、ヒプノセラピーの問題点と効果

催眠療法やヒプノセラピーを受けている人、受けようとする人への注意点


催眠療法士やヒプノセラピストといった心理療法士の能力や実力、更にはこちらとの相性によって、効果が出るかどうかがはっきり別れます。

仮に運良く催眠状態に入り、変性意識状態の中でまどろんだとしても、なかなかどうして悩みを解決できる深さではないことが多いので、気をつけましょう。

本当の催眠状態に入ったときは、私も経験がありますが、「入ったかな、入っているのかな、入っていたらいいな、これが入っている状態なのかな?」と思っている時点で甘いです。

つまり、それは催眠状態じゃありません。

非日常的な意識的なズレは真の意味の催眠状態じゃありません

催眠療法やヒプノセラピーを受けているということは、すでに非日常状態に入り込んでいるので、ちょっとした意識のズレは起こりますが、ただそれだけのことです。

その中でウトウトしている状態は、催眠状態じゃありません。

とはいえ、催眠療法士やヒプノセラピストは、あなたは催眠にかかっているというに違いありませんが。

それは嘘ではありません。

しかし、私達の求める催眠状態とはもっと別格の深いものであり、悩みが解決できる次元のものでなければ、催眠にかかっているとは言えないんです。

催眠状態はウトウトっとした状態も催眠状態だという解釈もあり、施術者たちは偽っているわけではありませんが、あまりに志が低いと思います。


本当の催眠状態、変性意識状態はやばいぐらいにすごくて、非常に感動します

本当の催眠状態は、やばいぐらいにすごくて、脳がとてもダイナミックで混乱していて、感情と感覚がむき出しになっています。

あるいは、とても静寂の中、永遠に落ち込んでいくような中、無に近い感覚です。

それでも、心の中では凄さを体験し続けます。

つまり静的な状態でも、すごくやばいぐらいの凄さを感じ続けています。

だから、催眠状態の定義を変えるべきだと思います。

もしくは催眠状態では心の深い悩みを解決することはできないという定義です。

催眠療法は心理療法の一種と入っても、浅いレベルの悩みしか対処できないと私は思います。


催眠療法、ヒプノセラピーに効果を感じない人たちの共通点

また催眠療法、ヒプノセラピーに合わない人たちがいます。

それは何を隠そう、心に重い悩みを抱えている人たちです。

彼ら、彼女らは、これまでずっと悩みに耐えてきて、守り続けてきました。

死にたい思いを我慢して、何とか治ろうと努力して、それでも難しいから、耐え続けてきました。

だから防衛本能がとんでもなく高まっています。

私もそうでしたが、顕在意識や思いとは別で、深い意識のところで人の心を許すことができません。

楽になりたいと誰よりも強く願っていながら、防衛本能を壊すぐらいなら、楽になりたくないと思ってしまっているんです。

我慢してきたものを壊してしまったら、それこそこれまで我慢してきた自分を否定して、自分がなくなってしまうのではないかと恐れてしまいます。

だから、催眠療法士がいくら優秀で、ラポールという信頼関係がしっかりしていても、自分で催眠状態に無意識で歯止めをかけてしまうんですね。

催眠療法士がメンタルブロックを外そうと暗示をかけても、受け付けないぐらい強力な防衛本能です。

そして、常に不安に苛まれて生きてきた人は、私もそうでしたが、雑念だらけです。

なぜかというと、必死で自分を守るために、防衛本能とは別で、様々な知恵を駆使して、不安をいかに避けるか、きついを思いをしないようにするかばかり考え抜いています。

だから、それが雑念になり、脳みそを空っぽにすることができません。

考えていないと崩壊するという不安があるからです。

いくら考えても、不安や緊張は決して消せないのですが、考えないでいることのほうがきつくて不安でたまりません。

これも催眠療法士から見たら、やりにくいお客でしょう。


何よりも被術者も、雑念や防衛本能によって、催眠状態にもなれないのだから、お金が勿体無いだけです。

催眠療法士にとっても、お金と時間を支払って受ける被術者にとっても、とても不幸な関係です。


催眠療法士は自称。お金が勿体無いので能力をすぐに見分け見切りをつけましょう

そもそも能力のない催眠療法士やヒプノセラピストは、論外です。

レベルが低い人は本当にレベルが低いです。

だから、最初からすごさも催眠状態にも入れないのならば、受けないほうがいいと思います。

徐々に非暗示性は通っていれば高まっていくことは事実だと思いますけど、だからといって、悩み解決レベルの深い催眠状態にはなれないと思います。


とはいっても催眠療法、ヒプノセラピーの方向性は正しいと思います

でも、催眠療法、ヒプノセラピーという方向性は、心の中の問題を解決するのにとてもいい方向性だと思います。

やっぱりカウンセリングで悩みが解決しないものは、潜在意識や無意識から解決するしかないと私は経験から思います。

だから、催眠療法に通おうと思ったのならば、本当に深い誰もがすごい、やばい、なんだこれは!とびっくりするぐらいの催眠状態を味あわせてくれる施術者の元に通うべきです。

(関連)表情恐怖症、笑顔恐怖症を克服改善できたきっかけ

(関連)催眠療法とヒプノセラピーの効果と体験記

世の中は本当にすごい達人がいますし、私はその人に会って、社会不安障害の症状を潜在意識のレベルから解決して、今では普通に暮らすことができています。

悩んで良かったと今では思えるぐらい、拾い物もありましたが、それも克服できたからこそですね。

催眠療法の限界を知ることは大事です。

そして、これまでの催眠療法なんてちっぽけに思えるような能力者の誘導で、本物の潜在意識体験をしてほしいと思います。

初っ端から瞬間的に、ありえない深い「催眠状態」に入れますよ。

その時、私が言っていることの意味が、体感からわかるはずです。

催眠療法に幻滅を感じている方は、決して諦める必要はありません。

希望を持ってください!!

表情恐怖症克服のために努力したこと

催眠療法、ヒプノセラピーとは何か?



催眠療法(ヒプノセラピー)は、代替医療の一つです。

催眠状態に誘導され、そこで心理的、生理的に代替医療を行っていくものです。

その効果として、心身の回復、ストレス解消、緊張解放、不安や恐怖心、孤独感をおさえたり、心の中の葛藤や抑圧を抜く効果があるとされています。

心理カウンセリングでは話で終わり、本質的な解決に導けないのに対して、催眠状態では潜在意識に訴えかけることができるため、その効果ははかりしれないものがあります(という謳い文句です)。

認知の歪みの訂正や行動変化をもたらし、自己洞察(内観)をもたらすこともできるというものです。

ダイエット、美容、健康にも効果的とされてます。


でも実際の催眠療法の効果ってどうなの?



実際、催眠療法(ヒプノセラピー)を受けた効果は、人それぞれですがあまりないものだと思っていいと思います。

まず催眠療法の最大の重要点である催眠状態(変性意識状態)にかからないんですね。

上述したような催眠療法の効果はあくまで理想論だと思ってください。

カウンセリングや薬物療法では難しい潜在意識レベルから解決できるという夢のような代替医療と方法論に私はとても歓喜しました。

でも現実はほんとに幻滅させられました。

期待がすごかっただけに、催眠状態に入れない私自身を責め、落ち込んだものです。

でも、有名な催眠療法士のところに通ってもそれは変わりありませんでした。

そこに催眠療法の限界があると感じています。



東京、大阪…有名な催眠療法、ヒプノセラピーに通った経験



催眠療法では変性意識状態に誘導されなければ、高いお金を払う価値はありません。

変性意識状態になると潜在意識がコントロールできる状態になり、そこで悩まないための言葉をかけてもらいます(他者暗示)。

でも、変性意識状態になれないんですね。

だから他者暗示も結局カウンセラーにアドバイスを頂いている状態になります。

違うのはくつろいだ状態で目を閉じて話を聞いているだけ。

有名な東京や大阪での催眠療法士ですら、催眠状態や変性意識状態に導いてくれはしませんでした。

そして、何よりも催眠状態を遥かに超えるトランス状態がMAXに深まらない限り、暗示は潜在意識に入り込みません。

いくら有名な催眠療法士のところで年数をかけて通い続けても、最初の入口の変性意識状態にも浅くぐらいしかせいぜい入れない人も多いようですね。

それも催眠状態に入っていると言えるので(一応・・・)、催眠療法という代替医療としては成立しているのかもしれませんし、決して詐欺じゃありません。

ちゃんと催眠という施術をしてくれますから。

ですが、カウンセリングに毛の生えたようなことに結局なってしまうので、高いお金を払ってまで受けるのはどうかなと思います。


催眠術ショーはTV的な嘘



催眠術にかかって、催眠術師の暗示によって、ありえない行動をしてしまうTVショーを見たことがあると思います。

すごいな、ほんとかなと半信半疑ですが、あれは演出です。

実際に催眠に本当にかかっている人はほとんどいなくて、演技で上乗せしているだけです。

もちろん世の中には被暗示性がとても高い方もいるので、まったくの嘘というわけではないのですが、あれをそのまま額面通りに受け取らないほうがいいですよ。

世の中には本当に被暗示性が高くて、並の催眠術師でもコロッと催眠暗示にかかってしまう人がいますが、あれは特別な人です。

ああいう人は、座禅をしてても瞑想をしてても、勝手に自分で入り込んでしまって、神がかり的な、なにか悪霊に憑依された状態になってしまう人でもあります。

だから、催眠療法に通っていれば、ああいう深い催眠状態、トランス状態に入れるかななんて期待しないでください。

5

dream-manager-1316067

東京でも大阪でも海外でも催眠療法の効果って実はほとんどない⁉︎


私は自分のどうにもならないメンタルの悩みを催眠療法やヒプノセラピーに希望を見出してたくさんの回数通ったけれど、結論から言うと、ほとんど意味のないところばかりでした。

それは地方だからとか、東京や大阪や名古屋のような大都市とか関係なく、現在の催眠療法のレベルは総じて低いです。

催眠療法が低いというより、催眠療法士、催眠術士のレベルが低いのだとも言えます。

催眠状態はあります。

でもメンタルヘルスに効果的かというと力不足でした。

あと相性もあります。

被暗示性が高い人は向いていて、猜疑心が高い人は向いていません。

催眠療法士との人間関係もとても重要です。

人間不信に陥っている人は向きません。

あとはラポールを築けない人とは暗示にかかりません。

それに加えて、人間にはどんな人間にも防衛本能があり、催眠で潜在意識がむき出しになろうとしても、防衛本能の働きでメンタルプロックが強化され、暗示が通用しなくなります。

そして残念なことにほとんどの催眠療法士はメンタルブロックや防衛本能を超越させる能力がありません。

これらが催眠療法、ヒプノセラピーがメンタルヘルスに効果的ではない原因です。

精神面に作用する薬の弊害が世界的に叫ばれています。

しかし認知行動療法やカウンセリングでは無力という現実の中、催眠療法は効果的な方法だと紹介するところをありますが、過度の期待は禁物です。

催眠療法で初回からかからない人は、今後も期待薄です。

私がある所で本当に催眠状態に深く入った時、これまでの催眠療法があまりの低次元なレベルに唖然としたくらいです。

本物は本当に違います。

悩んでいる人はお金や治る機会を無駄なことをやって台無しにして欲しくはありません。

催眠療法の現実と効果の出にくさはちゃんと知っておくべきことだと思います。

face-109968_960_720

催眠療法、ヒプノセラピーのレベルは高くないのが現実です


催眠療法、ヒプノセラピーのレベルは、プロがやっていると言っても、非常に低いものだと言わざるを得ません。

これは私が経験したばかりではなく、日本全国の(アメリカも)催眠療法に通った人から話を聞いても、一致した意見でした。

催眠状態? と思っても全然催眠にかかっていない現実


まず第一に催眠状態って何? この状態が催眠状態なのかな・・・と思った時点で、いくらプロに誘導されても、それは催眠状態じゃありません。

本当にすごい催眠状態は(それはもう催眠状態を超えていますが)、有無を言わさず、これはすごい!!!と思うしかない状態です。

このフワーッとした状態は催眠状態なのかな?と思う時点で、ただの意識がちょっと薄らいだ状態に過ぎません。

催眠状態じゃないのに、催眠状態に入っているという催眠術師


催眠療法士やセラピストはこう言うかもしれません。

今の状態が催眠状態ですよ、と。

ですが、とても深い催眠状態ではありませんし、浅い状態も催眠状態と言ったら、眠りに入る寸前の状態も催眠状態であるべきです。

そのレベルを私達は求めて高いお金を払って催眠療法を受けに来ているわけでもありません。

本当に深い深い催眠状態に入ったときにだけ心の悩みは解決する


第一、催眠状態ってどういう状態なのか言葉で説明できるわけもなく・・・

だから、催眠療法、ヒプノセラピーに通っても、本当に強くて深い変性意識の実感がない限り(それは尋常じゃない状態なので誰でも気づきます)、いくら回数を重ねても目的解決には難しいでしょう。

ちなみに、暗示にかかって腕が開く、手が動くという催眠術があります。

それは本当に動いたりするものですが、手が自分の意志に暗示の言葉で動いても、それも浅い催眠状態です。

ここにも騙されないでください。

催眠にかかったことは事実ですが、それで悩みが潜在意識から解決していく深さではありません。

浅い催眠状態でも、ほんの催眠の入り口に差し掛かっただけでも、手が動くなどの暗示はかかるものです。

そのメカニズムをプロ中のプロのI先生に聞いたところ、肩から腕が柔らかい人はかかりやすく、また腕が動く暗示にもテクニックがあるそうです。

つまり遊びの催眠術に過ぎず、それにかかったからと言って悩みが解決するわけではありません。


このページのトップヘ